フレームの色も重視する

メガネの選び方は度数や形のほかにフレーム色も大切

日常的にメガネが体の一部になっている方は、新調する時にどんなメガネの選び方をしていますか。通常は自分の視力に合ったレンズ度数を基本に置いて、フレームの形や顔のフィット感を重視して選び出します。そしてどんな形のフレームを選択するにしても、確実に重視しておきたいのがメガネフレームの色です。メガネフレームがどんな色かによって、メガネを使う人の印象がガラリと変わってしまうのが重視したい理由です。自分が気に入った色だからと選び出したメガネでも、色が合っていないせいで第一印象が良くないものになれば人生のマイナス要素です。自分にぴったり合ったフレームを選ぶコツを覚えて、見た目の高感度をアップしてみませんか。

色が持っている印象を覚えてメガネを選ぼう

あらゆる種類の色は違った性格や印象を持っていて、明暗や寒暖などが顔に対しても大きく影響します。もし当たり障りのない社会人になりたいなら、黒や茶や紺などの目立たない色を選ぶとよいです。暗色系は誠実で真面目に見せる効果があり、どんな人の顔にも向いています。黒と茶を基調としたべっこう系も、当たり障りなく周囲に好印象をもたらします。とても明るい自分を演出したいなら、明るい系の色を選んでみると良いです。例えばオレンジや黄色や白などです。メガネのフレーム幅を狭くすれば、どこにいても悪目立ちしません。逆にフレーム幅を広くして、赤青黄の三原色など選ぶと、かなりファンキーな人に見られてしまうので注意が必要でしょう。