顔の形に合わせる

メガネ選びのポイント

メガネには様々な種類があり、選ぶ際に何を基準にして良いのかわからず困る人が多いでしょう。メガネの度さえ合えば良いというものではありません。メガネのフレームの色や形は重要です。一般的に、メガネのフレームの色は、銀色などのメタル系をはじめ黒や茶系が多いですが、髪の色や顔立ちに応じて、青や白のほか赤や緑など派手めのカラーも人気があると言えます。フレームの大きさや太さも大切なポイントです。大きなレンズに合わせたトンボメガネのようなフレームや、レンズの形を生かした細いフレームなどもよく見かけるでしょう。

フレームの材質にも注目しなければなりません。激しい動きをするスポーツ等にも使うメガネなら、ゴムメタルや超弾性合金といった丈夫で壊れにくい材質が望ましいです。

自分の顔の形に合ったメガネとは?

メガネは、顔の形に合ったものを選びましょう。顔の形に合うメガネには、一定の法則があります。それは、顔の形とフレームはコントラストをなすことが望ましいというもので、丸顔にはスクエア型、四角い顔や三角の顔には丸いメガネが似合うと言われています。丸顔の人がラウンドタイプのメガネをかけると、丸顔が強調されてしまうし、四角い顔の人がスクエアタイプのメガネをかけると四角い顔が余計四角く見えるという訳です。目の大きさもメガネの選び方に影響します。

目の大きいい人はフレームが太くレンズの大きいトンボメガネが似合うし、目の小さい人はフレームが細くて小さいレンズのメガネをかけると知的に見えるでしょう。ただし、似合うことばかり気にして、見え易さを犠牲にしないよう注意しなければなりません。

めがねを作る時に眼科の処方箋は必ず必要というわけではありません。処方箋がない場合は購入店で視力測定をしてから作る場合もあります。